2018年1月20日土曜日

木のまつり(新樹社)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加

わが家では夫さんが運動大好きなので
子どもたちも毎日トレーニングしています。

毎月、いくつかの種目が設定され
毎日決められた回数をやると
その日の欄にマークがつけられる、
そんな習慣があります。

今月はトレーニングの一つがお相撲とのこと。
基本、夫さんのいるときは
子どもの相撲の相手をしてくれるのですが
いないときは私がお相手します。

二人合わせて十番!

娘はいいとして
息子とのガチンコ勝負は
さすがにちょっと負担です( ̄ロ ̄lll)

相撲見ながら相撲取ってるあたし。

周りには見られないようにしよーっと。

木のまつり(新樹社)




作:新美 南吉
絵:鈴木 靖将

定価 1200円(税別) 

全25ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度

久々に、
「いつまでも眺めていたい・・・」
本当に心の底から思える絵本。

色使い?絵の構成??

いやいや、そんな単純な物じゃない。

深くて温かい
引き込まれる世界観は圧巻です。

~読み聞かせの感想~
作者の新美南吉さんは
あの「ごんぎつね」の作者。
29歳の若さで亡くなっています。
そのため、作品数は多くありません。

だから娘がいつもの図書館で
ロシアンルーレット方式により手に取った時、
正直、新美さんに絵本なんてあったのかと驚きました。

物語自体はいたってシンプル。
綺麗な花を咲かせた一本の木。
しかし、その場所は誰も通らない寂しい場所。
自分に自信はあるのに、誰にも褒めてもらえない。
そんな悔しい気持ちでいたところ
蝶やホタルが訪れて
賑やかな一夜「まつり」を過ごします。


この絵本の最大の魅力は
そのシンプルな物語を
どこまでも深く、深く、
引き込んでくれる魅力的な絵。

豊富な色使いに、花や虫の生命力。
そして素敵な風景の数々。

こんなに長い時間、絵を眺めたのは久々かもしれません。
派手なキャラクターがいるわけではありません。
物語に驚きがあるわけでもありません。
淡々と、でも鮮やかに。
一枚一枚にグッと引き寄せられる何かがあります。

新美南吉さんの世界観をより豊かにしてくれている絵本だと思います。

2018年1月18日木曜日

いちにちこんちゅう(PHPにこにこえほん)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加

ただいま、娘さんストライキ中♪

夕ご飯もお風呂もテレビも
「絶対、やらない、見ない!!((# -з))プイッ
とのことw

私はそうなんだーとニヤニヤ見守っていますw

ちなみに、ストライキの理由なんですが、
「パパが早く帰ってきたのに、どうして肩車してくれないのよ!」
ですって(笑)

パパは幸せ者ですね♪

いちにちこんちゅう(PHPにこにこえほん)



さく:ふくべ あきひろ
え :かわしま ななえ

定価 1200円(税別) 

全36ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度

この本に出会って
最初に思い浮かんだのが
「香川照之さん」

NHKの教育テレビで
「カマキリ先生」
として昆虫番組をやっているんですよね。

あの番組も初めて見たとき
この人がこんなことと思いましたが
この本もそれに劣らず・・・
ぶっ飛んでます♪

~読み聞かせの感想~
いまこういう絵本が流行ってますね。
擬音をたくさん使って
子どもたちを楽しませる絵本。

読み聞かせしたとき
子どもたちの反応はバッチリ大笑い♪

主人公が虫を見ながら
想いを馳せるところからスタートです。
「昆虫になりたいな」

主人公の男の子が
ドンドンと昆虫になっていきます。
そしてページをめくると
毎回吹き出しそうな絵と擬音が
迫力満点に描かれています。

昆虫の種類は
カブトムシ、セミ、トンボ、フンコロガシ・・・
言葉でお伝えするのは難しいのですが
普通の絵本のテンションを越えた
ぶっ飛んだページになっています。

ちなみに、わが子たちのお気に入りは
蝶とセミ!
ネタバレしちゃうと、
面白さも半減しちゃうので
ちょっとここでは控えておきますね。

もう一つ、読み聞かせをするなら
テンションを上げて読みましょう。
勢いある声で読んであげると
幼稚園生はもちろん
小学生でも笑ってくれますよ。

同じシリーズの絵本がたくさんあるのですね♪
片っ端からチャレンジしてみようかな!

2018年1月16日火曜日

おならおばけ(講談社)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加

年長さんの娘がマラソン大会に出ました♪
結果は優勝!!

1kmを4分53秒で走ってしまいました。
私より早いんですけどww

素直に嬉しい一日です。

おならおばけ(講談社)




さく:かとう まふみ

定価 1300円(税別) 

全36ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度

おならをしても、
笑いあえる仲って
大人になると意外と少ないかも。

エチケットも大切だけど
許しあえる温かい心があれば
きっと大人も子供も

もっともっと住みよい世界になりますよね。

~読み聞かせの感想~
主人公の男の子の名前は「おーちゃん」
この男の子が夜、おならをしたことから
物語が始まっていきます。

思いのほか大きなおならをした男の子。
気持ちよくって、ガッツポーズまで出てしまいます。

すると、どこからか不思議な声が。
おばけです。おならおばけ。

このおならおばけは、ただおならをすれば出てくるのではありません。
気持ちの良いおならでなければ出てきません。


私は人生でそもそも気持ちの良いおならをしたことがありません・・・。
家族でも恥ずかしくて、トイレに駆け込みます。
そんな私をあざ笑うかのような絵本ですw


おならおばけは、気持ちの良いおならをしてくれた男の子に感謝します。
世界はおならでつながっている。
おならをすることで住みよい世界が作られる(笑)
と力説してくれます。

そして、そんなおならには、
ケンカをしたときに仲直りをする力
泣いている子を笑わす力
自分を学校まで運んでくれる力
宇宙に行ける力
があると説明してくれます。


始めは、そうだよねーと言えるけど
最後は完全にフィクション。
あまりにベタなボケですが、
それが子どもたちには大うけです。


絵本の中にはたくさんのおならの音が表現されています。

子どもたちはうんちやおしっこ、おならが大好き。

よく考えてみると、誰もがする生理現象。
だからこそ子どもたちの共通に笑える楽しいことなのかもしれません。

エチケットは気になるかもしれませんが
お家で思う存分読んでみてください。

家族の中がまた一段と良くなるかもしれません。

2018年1月14日日曜日

いけいけ!しょうがくいちねんせい(小学館)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加

子どもに振られました。

土日に息子とお出かけを計画したら
「友達と遊ぶ~♪」
だって。

もうすぐ
「絵本いいや」
って言われる日が来るのかな。

怖いです…ね。

いけいけ!しょうがくいちねんせい(小学館)



ぶん:中川 ひろたか
え :北村 裕花

定価 1300円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度

子どもでも、大人でも
新しい場所で過ごすとなれば
不安がいっぱい。

でも、それを乗り越えちゃうと
居心地よくて愛着が出てくる。

この階段一段を登らせてくれる絵本。

~読み聞かせの感想~
長女は年長さん。
今年の4月から公立の小学校に進級します。
幼稚園に通っているお友達は3分の1ほど
同じ小学校に通います。
お兄ちゃんだって、すでに通っています。
何より場所が我が家から30秒(笑)

それでもね、
やっぱり不安なんですって。
この前お風呂でそっと教えてくれました。


この絵本はそんな不安がある
「新一年生」
とそれを支えてほしい
「上級生」
のために描かれた絵本。

2年生や3年生にとって
こんな時期もあったよねと笑ってくれればいいのだけど
ちょっぴり、先輩たちを小ばかにする表現も入ってるので
大人が少しフォローをしてあげるといいかなと思います。

いけいけ!ごーごー!いちねんせい!
いいぞ!いいぞ!いちねんせい!!

こんな掛け声からこの絵本は始まります。

そして、校門を全力で駆け抜けながら
お兄さんお姉さんの
2年生を「にんじんぼうず」
3年生を「じゃがいもぼうず」
と表現しちゃいます。

まるで、不安な気持ちを振り切るように。
勢いそのままに6年生まで野菜に例えて
走り回ります。

そして、小学1年生が並んで横断歩道を渡ります。
渡りながら、

いちばん ちいさい しょうがくせい。
ひよこみたいに かよわいんだから
やさしくしなくちゃ いけないわ。

そんなことを言っています。

そして、こんどは動物に例え

2年生はにわとり!
3年生はさる!

と次々と表現していきます。

ここで終われば、
生意気ないちねんせい
で終わってしまいますし、
教育的にどうなのよと思うのかもしれません。
実際にそうレビューしている人も見受けられます。


でも、この絵本のこの1ページが大切。

でも ちょっぴり ふあんな こころ
ぽきんとおれそうになる
うまれてはじめてのことばかり
ときには なみだもこぼれるね

そして、次のページには

言葉がなく

小学1年生がニワトリやサルのお兄さんお姉さんに囲まれ
楽しく過ごしている姿が描かれています。


大人でも緊張した時、
お客さんはすべてジャガイモだと思えとか
言われたことありませんか。

小学1年生にとって
小学校の生活に慣れるまでは
学校にいる間中
ずーっとそんな緊張の中にいるのかもしれません。

緊張しちゃうからこそ
その裏返しで
お兄さんお姉さんを物に例えちゃう。

でも、本当はもっと自然に生活したいけど
今は無理。
だって、緊張してるから。
そんな風に私は捉えました。

そんな子にとって
この絵本は救いになると思います。
どんなお兄さんお姉さんも優しいよって。

そして、この本の気持ちを理解してほしいのは
本当は小学5年生や6年生かもしれません。

忘れてしまった1年生の緊張。
数年後に迎える中学入学の緊張。
みんなで助けていこうねって。

だから、私はこのちょっぴり危うい表現でも
しっかり読み聞かせ
お話をしていきたいなと思いました。

新1年生に限らずぜひ幅広い年代に読んでいただきたい一冊です。

2018年1月12日金曜日

さんすうサウルス(福音館書店)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、鏡開きでしたね。
皆さんはお餅を食べましたか?!

わが家は、平日だったので
夕ご飯のデザートにお汁粉を出しました。

そしたら、見事に意見が真っ二つ。
何かっていうと

粒あん派?
こしあん派?

男性陣はこしあん派!
女性陣は粒あん派!

私から言わせると
こしあんのお汁粉なんて
何にも楽しくないじゃん!!
と思うのですが、少数派なのかな??

地域によってはお汁粉じゃないとこもあるんですよね。

とりあえず美味しかったです♪

さんすうサウルス(福音館書店)




ぶん:ミッシェル マーケル
え :ダグ クシュマン 
やく:はいじま かり

定価 1200円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度

昨日も泣きながら
算数の宿題をやったキミ!

なんでこの絵本だと
こんなに楽しく問題に取り組むの?

やっぱり自分で進んで取り組むことって楽しいよね。

でもね、それと同じくらい大切にしてほしいことがある。

それはね、
嫌だな、苦手だなって思うことにも
粘り強く挑戦すること。

好きなことを全力で続けていくと突き詰めたとき
いつか必ず苦しさにぶつかるはず。

その時に力を発揮できる人になってほしい。

苦しいことにも負けるなよ!!

頑張れ、キミ!

~読み聞かせの感想~
こどもにとって、とっても興味深い恐竜さん。
実は脳みそはとっても小さくて、
そんなに頭が良かった生き物ではないと思われるww

でも、それでも
あの大きな体で、
何でも計算しちゃう恐竜がいたとしたら
なんだか楽しくて、ムフフとなっちゃいます。

さんすうサウルスくんは何でも計算します。
食べたトンボの数や
噴火して落ちてきた岩の数。
獲物となる恐竜の足跡の数に
きょうだいで食べられる恐竜さんの数。

四則計算すべてが入っています。
それに2つずつや5つずつ
まとめて数える方法なんかも分かりやすく描かれています。

わが家は
息子が小学2年生。娘が年長さん。
小学生のが楽しめる絵本かなと思いましたが
読み聞かせの途中で計算大会になったら
意外と娘が健闘し面白いことに。

数自体は日常にあるような数が多いので
未就学児のお子さんでも
最後まで興味を持って
読むことができると思います。

息子は前日、稽古ごとの後
「もういやだ」と泣きながら計算の宿題に取り組んでいましたが
この絵本は大好きなようで
素敵な笑顔を振りまいてくれました。

親としては、笑顔な子供が一番。
だからこそ、こういった読み聞かせの意味を感じる時間でした。
 



2018年1月10日水曜日

飼育係長(長崎出版)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に
冬休みも終了し
わが家も通常の形に戻りました。

年末年始の前の時間は長いのに
過ぎるのはあっという間。

あれ?
これいつもどこかで言っている言葉・・・

あーーーー
毎日作るのは時間かかるのに
食べちゃうのはあっという間。

お料理ですね(;^ω^)

はぁ~
では、明日の下味でもつけておこうかな。。。

飼育係長(長崎出版)



さく:よしなが こうたく

定価 1500円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 20分程度

金魚しか飼ったことがない私。

子どもたちは動物好きだけど
決して、飼いたいと言わないのは、
私の遺伝子なのかしら。

ちょっぴり悲しいような
でも、ほっとしている自分がいる。

私がまさおくんの母親ならどうしようかな。

~読み聞かせの感想~
今回の主役は、飼育係のまさおくんという男の子。

番長の学校の遠足で訪れた動物園。
そこで出会った1匹のこぶた。

そのこぶたをめぐって「番長」とまさおくんを中心に波乱を巻き起こします。




独特の絵が特徴の番長シリーズ。

第1作の給食番長が話題を博し、
第2弾がこの作品です。

とっても可愛い動物を見ると飼ってみたいと思う…

のも、実は今の時代珍しいのかも。
東京だからかな。

お家が狭くて、
動物を飼うことにあんまり現実感がないのです。

だから、この絵本を読んでも
こぶたを飼いたくて
連れて帰ったまさおくんの
本当の気持ちはあんまり理解できなかったよう。

でも命ある動物を飼うということがどういうことなのか、
そこにはきちんと正面を向いて
描かれている絵本です。

毎回博多弁の訳がついてて
そちらで読んでも子どもたちは大笑い。
 (読むほうは疲れますがw)

この絵本では楽しみながら、
思いやりの心、命の大切さ、正直な気持ちなど
考えるきっかけを与えてくれることに感謝です。

ちなみに、絵本の隅々に出てくる不思議なキャラクター。
これにも注目の絵本です。

2018年1月8日月曜日

タイムカプセル(フレーベル館)

にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへこのエントリーをはてなブックマークに追加

自宅に戻ってきました♪

早速洗濯物の嵐!!

誰か~!!
洗濯機に乾燥&折りたたみ機能つけてください
(○ `人´ ○) タノンマスー

タイムカプセル(フレーベル館)




さく:おだ しんいちろう
え :こば ようこ

定価 1200円(税別) 

全32ページ

読み聞かせおすすめ度  ☆☆☆☆☆
読みごたえ度      ☆☆☆☆☆
絵(写真)のかわいらしさ ☆☆☆☆☆
子どもと一緒に楽しめる度 ☆☆☆☆☆

実際に読み聞かせした夫か私の評価【満点:☆5つ】

読むのにかかった時間 15分程度

ケンカって
いっつも後で思い返すと
しょうもないことからの始まり。

でも、子どもの頃って
自分を守ることが精いっぱいで
結局、関係を拗らせちゃったり。

でも、それが上手く解決した時の
こっぱずかしい感じ。
そして前よりグンと仲良くなれた感じ。

今でも忘れられない。

~読み聞かせの感想~
幼稚園での一コマ。

仲のいい男の子、二人組。
えいと君とはると君。

卒園を控えたある日
ひょんなことから
取っ組み合いのけんかが始まっちゃう。

この絵本の読み応えあるポイントの一つに
この「取っ組み合いのけんかの絵」があげられます。

その見開きページに
言葉は一切なし。
ページいっぱいに描かれたケンカの躍動感、
子どもですら笑っちゃう必死の形相、
価値のあるページです。

取っ組み合いの最中に
同じクラスの女の子にまで
ぶつかってしまい最悪な展開に。

当然意地を張り合って
ケンカはなかなか解決せず。

それでも刻一刻と卒園は迫ります。

そんなある日幼稚園で企画されたタイムカプセル。
その中に入れる手紙に
二人はケンカのことを書いたよう。
恥ずかしくてお互いに打ち明けられません。

でも、そのタイムカプセルを埋めるとき
作業で土にまみれるうちに
お互いの心が柔らかく解きほぐされていきます。

そして、自然と仲直り。

最後のページに書かれた言葉。

ごめんね

ではない素敵な言葉で締めくくられています。

成長の一場面を見られたような
すごく嬉しくなれる絵本ですね。